妊娠線が出来ると、かゆみを伴う場合が多くあります。

妊娠中はつわりなどの体調不良も起こりやすく、なかなか外出や皮膚科の受診が難しいですよね?

そこで、今回は「妊娠線がかゆいときにムヒを使えるのか」について解説していきます。

妊娠線がかゆい時にムヒをつかえる?

基本的な考え方としては、注意事項に「要相談」などと書かれていなければ、妊婦さんが使用しても問題ありません。

また、一言でムヒといっても「ムヒアルファSⅡ」「液体ムヒS2a」「ムヒアルファEX」「ポケムヒS]など、たくさんの製品が製造・販売されています。

特に、「ムヒアルファSⅡ」「液体ムヒS2a」「ムヒアルファEX」などには、使用上の注意に妊婦又は妊娠していると思われる人は「医師、薬剤師又は、登録販売者に相談」と書かれています。

これらの製品は自己判断での使用は控えた方が良いということになります。

しかし、ムヒの公式ページには「使用しても良い」ということになっていますので、妊婦さんが使用しても特に問題はないでしょう。

また、ムヒを製造・販売している池田模範堂によると、「虫刺されなど範囲が限定しているのであれば使用しても問題なく、妊娠初期にといても同様に使用して良い」とのことです。

しかし、ムヒを使用する範囲が広範囲になってくる場合は、医師に相談しましょう。

妊婦についての記載の有無、この違いは?

使用上の注意に「妊婦又は妊娠していると思われる人は医師、薬剤師又は、登録販売者に相談」と記載されている「ムヒアルファSⅡ」「液体ムヒS2a」「ムヒアルファEX」などと、使用上の注意事項に妊婦についての記載がない「ムヒS」や「ムヒベビー」との違いは、ステロイドが入っているか入ってないかの違いです。

妊娠線がかゆい時にステロイド入りのムヒを使ったらどうなる?

①市販の塗り薬に含まれているステロイドの量は処方されるものと比べて「微量」

②皮膚から吸収されるステロイド成分は「極微量」

③これまでにムヒを塗って胎児に何か影響が出たという報告がない

これらのことを考慮すると、妊娠線がかゆい時にムヒを塗っても特に問題ないといえます。

しかし、妊娠中は精神的に不安やストレスを感じやすくなっています。

そういった観点からも、使用上の注意に「妊婦は相談」と書かれているムヒについては、主治医や皮膚科に相談することがオススメです。

ムヒを局所的には問題ありませんが、広範囲に使用した場合は念のため主治医に相談をしましょう。

また、万が一ムヒを広範囲に塗ってしまった場合は、産婦人科でムヒを塗ったことを伝えたり、薬剤師に相談すると安心です。

ステロイドの使用を医師に相談する必要があるのは何故??

動物実験において、ステロイドを妊娠中のうさぎに対して器官形成期に7~18日間、1日に1㎏あたり0.5gを塗布したところ

・胎児生存が低下

・口蓋裂を発症

いうデータがあります。

そのため、妊婦には大量にもしくは長期にわたって広範囲の使用は避けるという考えが一般的です。

実際のところ、人間へのステロイド使用が原因で胎児に問題が発生したり、催奇形性の報告は現在のところ一例もありません。

動物と人間では異なりますが、強いステロイドの場合など、妊婦への使用は医師の指示のもとで短期的に使用することとされています。

現在はステロイドの自己判断での使用は認められていませんが、医師の指示のもとで適切に使用すれば、妊娠中であっても特に問題はないとされています。

結局のところ、注意書きのないムヒはどれ?

数多くあるムヒの製品の中で、使用上の注意に「妊婦は相談」という記載がないのは、

・ムヒS

・ポケムヒS

・ムヒ・ベビーb

・液体ムヒベビー

・ムヒソフトGX

・ムヒソフトGX乳液状

上記の6つです。

ムヒS

引用:www.kenko.com

「ムヒS」は、100年以上も前から製造・販売されている家庭の常備薬として、定番ともいえるかゆみ止めです。

また、テクスチャ―も伸びが良く、サラッとしてべたつかず白残りのしないクリーム状の塗り薬です。

効能にも一番はじめに「かゆみ」と記載されています。

そして、「虫さされ、かぶれ、しっしん、じんましん、あせも、しもやけ、皮ふ炎、ただれ」と幅広いかゆみに対応してくれるのが特徴です。

「ジフェンヒドラミン」という成分がかゆみをおさえ、「ℓ-メントール」と「dl-カンフル」という成分が清涼感を与えてかゆみをしずめてくれます。

また、ムヒというと「液体ムヒ」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

引用:www.ikedamohando.co.jp

一般的に液体ムヒと呼ばれている製品の正式名称は、「液体ムヒS2a」です。

ムヒSが第3類医薬品なのに対し、液体ムヒS2aは「第2類医薬品」です。

これは、液体ムヒS2aには「デキサメタゾン酢酸エステル」という市販では一番弱いランク(Weak)のステロイドが配合されているためです。

ムヒ・ベビーb

引用:www.ikedamohando.co.jp

「ムヒ・ベビーb」は、生後1ヶ月から使うことの出来るやさしいクリーム状のかゆみ止め薬です。

ムヒベビーbも効能の一番最初に「かゆみ」との記載があり、虫さされやあせも、おむつのかぶれなど、幅広く使うことが可能です。

生後1カ月から使えるやさしいかゆみ止めなので、使用することに安心感を覚える妊婦さんも少なくないでしょう。

生後1か月の赤ちゃんのデリケートなお肌にも使用出来るので、メントールなどの清涼感成分やステロイド成分が配合されていません。

そのため、顔にも使うことが出来るという特徴があります。

液体ムヒベビー

引用:www.ikedamohando.co.jp

「液体ムヒベビー」は、スポンジヘッドの手を汚さずに使いやすい塗布栓タイプの液体かゆみ止めです。

「ムヒ・ベビーb」との違いは、使用開始目安年齢が「生後3ヶ月から」という点です。

かゆみ止め成分の「ジフェンヒドラミン塩酸塩」と液体ならではの高い浸透力で、すばやくしっかりかゆみを鎮めてくれます。

アルコールやメントールなどを配合していないので、刺激感が少なくお肌にしみにくい処方です。

敏感肌の方も安心して使うことができますね。

ムヒソフトGX

引用:www.ikedamohando.co.jp

「ムヒソフトGX」は、乾燥によるかゆみ肌のための治療薬です。

パンテノール(プロビタミンB5)という「かゆみ肌」を元気にする成分が含まれています。

ムヒソフトGXの特徴は、かゆみ止め成分の「ジフェンヒドラミン塩酸塩」とかゆみ肌改善成分の「パンテノール」をダブルで配合している点です。

かきむしるほどのつらいかゆみを治療し、かゆみ肌を改善してくれます。

また、乾燥によるかゆみを鎮めてくれるかゆみ止めなので、保湿効果に優れています。

肌の乾燥は妊娠線の原因のひとつです。

保湿性基剤成分の「グリセリン」「水素添加レシチン」「フルーツ酸」が乾燥したお肌にうるおいバリアを補給してくれます。

使用感はべたつかない、しっとりとしたテクスチャ―です。

ムヒソフトGX乳液状

「ムヒソフトGX乳液状」は、さっぱりした使用感で幅広い範囲にも塗りやすい乳状タイプのかゆみ止めです。

乳液状なので、スッと浸透し、すばやく効いてくれます。

ムヒソフトGX同様に「かゆみ肌」を元気にしてかゆみ肌を改善してくれる成分の「パンテノール(プロビタミンB5)」とかゆみ止め成分の「ジフェンヒドラミン塩酸塩」がダブル配合されています。

保湿性基剤成分の「グリセリン」「水素添加レシチン」「フルーツ酸」を配合されているため、保湿効果に優れ、お肌がしっとりします。

ポケムヒS

引用:www.ikedamohando.co.jp/

「ポケムヒS」は、いつでもどこでも使える携帯に便利なポケットサイズのかゆみ止めです。

手を汚さずにサッと塗れるロールオンタイプの液体かゆみ止めなので、ポケットやポーチに入れて、外出先でかゆみを感じたときにサッと使える利点はありますが、内容量が15㎖と少ないというデメリットもあります

「ジフェンヒドラミン塩酸塩」という成分がかゆみをおさえ、「ℓ-メントール」と「dl-カンフル」という清涼感成分がかゆみをクールにすばやくしずめてくれます。

おわりに

今回は、「妊娠線がかゆい時にムヒが使えるのか」について解説をしてきました。

ムヒを製造・販売する池田模範堂によると、かゆみ止めの塗り薬は吸収される量はわずかなので妊娠中・授乳中でも使用出来るとされています。

ムヒのシリーズでもステロイドが使用されているものも多くあります。

妊娠線のかゆみへのムヒの使用は、あくまでも自己責任です。

また、万が一数日間使用してもかゆみが治まらない場合には、速やかに主治医に相談するか皮膚科を受診しましょう。