妊娠線がかゆい時の対策はコレ!

妊娠線が気になるという女性はたくさんいます。

実際に妊娠をして妊娠線に悩まさせるようになると、妊娠線に伴うかゆみに悩む妊婦さんも少なくありません。

そこで、今回は妊娠線がかゆい原因や妊娠線がかゆい時の対策法などについて解説していきます。

妊娠線がかゆい原因は?

妊娠線は皮膚にできた「亀裂」なので、いわば皮下組織と真皮にできた傷です。

一般的な傷がかさぶたになった時にかゆみを感じるように、妊娠線もかゆいと感じてしまいます。

引用:www.xn--pck5bxdi2bj9i536yvyu4kbu71iyg6b7v7bm9u.com

そして、かゆいと感じるのは肌が乾燥している証拠です。

乾燥していると妊娠線もできやすくなってしまいます。

そのため、乾燥肌と妊娠線は密接な関係だといっても過言ではありません。

お腹がかゆいと感じたら、妊娠線ができる前兆かもしれません。

乾燥のほかにも、妊娠中は「ホルモンバランスの影響」や「肝機能の低下」などの原因で肌がかゆくなる傾向があります。

妊娠すると、「コルチコステロイド」と呼ばれるホルモン分泌量が増量します。

この「コルチコステロイド」というホルモンの影響により、皮膚が薄く固くなります。

さらにホルモンバランスが乱れることにより、肌の新陳代謝が抑制されて乾燥しやすくなってしまいます。

そのため、衣類の摩擦など少しの刺激でもかゆいと感じてしまいます。

また、妊娠中は「肝機能が低下しやすい」傾向にあります。

妊娠中の肝機能の低下が影響し、脂肪の消化に必要な「胆汁」が体内に溜め込まれて皮膚組織に影響を及ぼします。

そうすると外的刺激への反応が敏感になり、皮膚に触れる衣服の素材や下着の締め付けにも刺激を覚えて「かゆみ」が生じます。

また、肝機能が低下すると「妊娠線痒疹」という妊婦さん特有のかゆみや湿疹が出てくる病気が発症することもありますので、覚えていてくださいね。

妊娠線のかゆみは掻かないで!

妊娠線がかゆいからと、思いのままにかいてしまうことは避けましょう。

妊娠中は、肌状態がデリケートになっています。

妊娠中の肌は色素沈着が起こりやすく、妊娠線がより目立ってしまいます。

とはいえ、かゆみを我慢するのは精神的に辛いものです。

眠っている時に無意識的にかいてしまうこともあります。

妊娠線がかゆいと思った時は、早めに対策をして肌を守ってあげましょう。

また、無意識にかいてしまった時のため、妊娠中は出来るだけ普段から爪を短くしておきましょうね。

妊娠線がかゆい時の対策は?

それでは、妊娠線がかゆい時の対策法について解説していきましょう。

妊娠線予防クリームでしっかり保湿する

乾燥肌を放置すると、さらなるかゆみを招いてしまいます。

妊娠線予防クリームをたっぷり使って、肌に潤いを保ちましょう。

ポイントは、「妊娠線予防クリームはケチらないこと!」です。

朝の着替える時やお風呂上がりなど、少なくとも1日に2回は保湿をするようにしましょう。

妊娠線予防クリームでしっかりと保湿をしているのにも関わらず、かゆみを感じる場合が稀にあります。

その場合は、妊娠線予防クリームに配合されている成分が肌に合わず、かゆみが出ているのかもしれません。

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、これまで問題なく使っていたボディクリームが合わなくなってしまう可能性があります。

そのため、保湿はできるだけ妊婦さんにも安心して使えるような専用の妊娠線予防クリームを選ぶことがオススメです。

肌を清潔に保つ

乾燥以外にも、汗や皮脂、蒸れが放置するとかゆみを引き起こす可能性があります。お腹が大きくなると体が重くなり、汗をかきやすくなります。1日に一度はお風呂やシャワーで汗やホコリ、花粉などのかゆみの原因を洗い流してください。

また、お風呂上がりは乾燥しやすいため、妊娠線予防クリームで保湿することを忘れずにおこないましょう。

身に付ける下着や衣類を見直す

妊娠前から問題なく使用している下着や衣類であっても、肌状態が変割りやすい妊婦さんにとって、残念ながらかゆみの原因になってしまう場合もあります。

下着の締め付けや縫い目、ゴム部分は、特にかゆみを助長してしまう部分でもあります。

とても残念ですが、おしゃれでかわいいレースの飾りや凝ったデザインの下着が妊娠中は「かゆみの原因」になってしまう可能性もあります。

妊娠中はゆったりとした衣類や締め付け感の少ない下着を選びましょう。

また、妊娠中は肌へ刺激になりにくいコットンなどの天然素材がおすすめです。

かゆみがつらい時は、専門家に相談する

これまでに紹介したを対策しても妊娠線がかゆい場合は、無理せずに一度主治医に相談してみましょう。

かゆみの原因や対策方法のアドバイスを教えてくれたり、妊婦さんということを考慮し、適切な薬を処方してくれるケースもあります。

市販のかゆみ止めは、ステロイドが含まれていたり、商品によっては妊婦さんは使用しない方がよい薬もあります。

そういった薬を使用した場合、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす心配があります。

自己判断での使用は避け、どうしてもという場合には薬局で薬剤師さんに相談をしましょう。

妊娠線がかゆい!「妊娠性痒疹」の可能性も

妊娠線妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)は、妊婦さんの5%ほどがなるという珍しい症状です。

一説によると、妊娠中のホルモンバランスの崩れが原因となって起こると考えられていますが、妊娠性痒疹が起こる明確な原因はわかっていません。

ストレスが原因となって妊娠性痒疹になってしまう場合もあります。

また、アトピ-性皮膚炎の患者にみられることが多いため、「アトピ-性皮膚炎がなんらかの形で関係している発疹」とも考えられています。

妊娠してからアトピー性皮膚炎が悪化したという妊婦さんや、妊娠性痒疹だと思っていたら実はアトピー性皮膚炎だったという妊婦さんも多くいます。

妊娠性痒疹は治療出来る?

かゆみが続くのはとても辛いものです。

また、妊娠中は体調の変化も起こりやすく、手に入りやすい市販薬や保湿クリームなど自宅にあるもので「とりあえずかゆみを鎮めたい」と考える妊婦さんも少なくないでしょう。

しかし、専門的な知識がなく自己判断で市販薬を使ってしまうと、個人差はありますが症状がより悪化してしまう場合も多くあります。

「かゆみを和らげるはずが、余計にかゆみが倍増してしまった」なんて辛いと思います。

妊娠中に皮膚のかゆみを感じたら、市販薬や自宅にあるものでかゆみを抑えようとするのではなく、速やかに皮膚科を受診して処方薬を使用することがオススメです。

皮膚科で妊娠性痒疹の治療を受ける場合、炎症を抑える効果がある「ステロイド外用薬」を使用します。

そして、ヒルドイドなどの保湿剤で皮膚を保護し、新たな炎症を防ぐというのが基本的な治療法です。

また、赤ちゃんへの影響を考慮しながら、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬を使用することもあります。

やはり妊娠中はお腹の赤ちゃんへの影響が一番に気なるのではないでしょうか。

そういった観点からも一刻も早くかゆみを鎮めたい気持ちは十分に理解できますが、皮膚科を受診し、適切な対処を行っていくことが妊婦さん自身の精神的安定へとつながっていきます。

妊娠性痒疹がホルモンによって引きおこされる病気だとした場合、産後までに完治させることは残念ながら難しいかもしれません。

また、現在炎症が抑えられていて、保湿剤によって炎症がおこらないようにケアを続けることができているという場合には、妊娠性痒疹が完治したと考える医師も多くいます。

おわりに

今回は、妊娠線がかゆくなる原因と対策、そして妊娠線によるかゆみと間違えやすい「妊娠性痒疹」について解説してきました。

一説によると、痛みよりもかゆみのほうが我慢するのが難しいといわれています。

間違った対処法は余計にかゆみを増長してしまいます。

妊娠中にかゆみを感じたら、今回ご紹介した対策を試してみてくださいね。