妊娠線予防には市販クリームでも効果十分か口コミをチェック!

妊娠すると、妊婦さんは様々なことに気をつけないといけませんが、「妊娠線」も気を付けなければならないものの一つです。

妊娠線の予防に、市販のクリームを使うという方も多いと思いますが、市販のクリームでも効果はあるのでしょうか。

市販クリームの効果や口コミについて紹介していきます。

引用:https://akasugu.fcart.jp

妊娠線とは

妊娠線とは、妊娠中にお腹にいる赤ちゃんの成長に伴い、お腹が大きくなることによって、皮膚が引っ張られてしまい、赤い線ができてしまう現象のことです。

お腹以外では、二の腕や太もも、お尻などに脂肪がつきやすくなります。

妊娠線は、肌の表面に現れるため皮膚にできるもの思われがちですが、実は違います。

妊娠線は一度できてしまうと、なかなか消すことが出来ないとされています。

どうして妊娠線ができてしまうのか、メカニズムをしっかりと理解すれば、どうして消すことができないのか、わかります。

人間の皮膚は、目に見えている表面の表皮の下に、真皮・皮下組織という、3層構造になっています。

表皮は弾力があるため、どれだけ体が大きくなっても表皮は伸びることができます。

しかし、下にある真皮や皮下組織は弾力がないため、皮膚の引っ張りには耐えることができません。

真皮には、「コラーゲン繊維」というものが存在しています。

皮膚が伸びると、そのコラーゲン繊維や皮下組織が耐え切れず、断裂が起こり、皮膚内では内出血を起こします。

これが、妊娠線の正体です。

表皮はとても薄いために、皮膚内部にできている裂けめが見えるのです。

つまり、肉割れ線とは、表皮の下にある真皮と皮下組織の損傷ということです。

表皮ではなく、真皮・皮下組織に亀裂が入るため、一度できてしまうと、なかなか消すことはできないとされているのです。

この原理は、妊娠してお腹が大きくなる人や、生活習慣の乱れから急激に体重が増えた人、筋力トレーニングなので、急激に筋力をつけた人に起こりえる現象です。

妊娠線ができる原因①

個人差がありますが、お腹の膨らみが少しずつ目立つようになる妊娠5ヶ月目ごろに、つわりが治まります。

つわりが治まると、急激に食欲が増し、そのため体重が増えます。

皮下脂肪の急激な増加により、皮膚の下にある真皮と皮下組織が引っ張られてしまいます。

また、妊娠中は肌が乾燥しやすくなるため、皮膚が強く伸ばされると、細胞の結合が壊れてしまい、真皮や皮下組織が断裂します。

最初は内出血をおこしているため、赤紫色をしていますが、出産すると、少しずつ銀白色になり、触るとぼこぼこするようにもなります。

この赤紫色の妊娠線は、新妊娠線と呼ばれ、肌の部分に内出血が起きている状態である一方、銀白色の妊娠線は旧妊娠線と呼ばれ、皮膚内の内出血がおさまり、裂けた部分が瘢痕化したものです。

瘢痕化してしまうと、消すことが非常に難しくなってしまいます。

妊娠線ができる原因②

妊娠により、ホルモンの変化も大きな要因です。

妊娠中はコルチコステロイドというステロイドホルモンが増加します。

皮膚は通常、ターンオーバーという新陳代謝を通して、肌が生まれ変わります。

しかし、このコルチコステロイドホルモンの活性化によって、ターンオーバーが抑制されてしまい、コラーゲンの生成も抑えられてしまいます。

ホルモンバランスの変化で、肌の新陳代謝が悪くなった結果、肌の弾力が減ってしまい、妊娠線ができやすい肌になってしまうのです。 

引用:http://sanfujinka-jp.com/

妊娠線予防クリームでケアしないとどうなるか

妊娠線は妊婦さん全員が出来るわけではありませんが、かなり高い確率でできやすいといわれています。

全くオイルやクリームでケアをしないと、肌が更に乾燥して、妊娠線がどんどんできてしまいます。

ですが、妊娠線予防をしっかりしていても、妊娠線ができてしまうこともあります。

では、数多くの妊娠線予防クリームでどんなものがおすすめなのでしょうか。

 

引用:manoagoods.info

おすすめの予防クリーム

数多くある妊娠線予防クリームで、おすすめのアイテムが「プレマーム」です。

一般のドラッグハウスなどで購入することはできず、通販で購入することができます。

180日間の返金保証もしっかりついているため、始めて使用する人にとっては、とてもありがたい制度ですね。

無添加、日本製、国内開発製造の商品で、妊娠線予防に特化した専用のクリームでもあります。

使用感は、べたつきがなくしっとりしているため、使いやすく、使用しているうちに、肌が柔らかくなっていきます。

180日間の返金保証がついている妊娠線予防クリームは、なかなかありません。

それほど、自信のあるクリームだということがわかりますね。

 

引用:https://www.sialink.com/blog/

妊娠線はいつから予防するのが最善なのか

妊娠線の予防は、妊娠前から行うことがおススメです。

コツコツ保湿対策をすることで、できにくくなります。

肌を保湿することで、乾燥しにくくなるのが妊娠線の予防につながるのです。

妊娠がわかったら、なるべく早くからケアするのが良いですが、つわりなどで気分が悪くなるときもあるかと思います。

自身の体調と相談しながら、保湿対策を行ってください。

また、一般的な保湿クリームに比べて妊娠線の予防クリームは、皮膚の内部組織まで水分を届けることができるので、効果に期待できます。

肌が乾燥していると、妊娠ができにくくはなるので保湿対策を忘れずに。

引用:https://kiraribeaute-reviewmatome.com

まとめ

いかがでしたか?どの妊娠線予防クリームを使用すればよいか迷っている方は、ぜひこの「プレマーム」を使用してみてください。敏感肌の人でも使用できるクリームですから、妊娠中も安心して使用できますよ。