妊婦さんにとって、一番気になるのは「妊娠線」ですよね?

妊娠線のアイテムは数多く販売されていますが、どれを選べば良いのか迷ってしまうことも少なくないのではないでしょうか。

そこで、今回は妊娠線が出来てしまう原因や妊娠線予防アイテムのランキング「BEST5」を解説していきます!

妊娠線が出来てしまう原因って?

妊娠は、2つの原因が重なって出来てしまいます。

妊娠線が出来てしまう1つめの原因は、妊娠により皮膚が急激に伸びることです。

お腹の赤ちゃんが成長するにつれて体重も増え、身体も大きくなります。

皮膚は、「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層に分かれています。

表皮は赤ちゃんの成長に伴いスムーズに伸びることが出来ますが、真皮層や皮下組織は急激な伸びについていくことが出来なくて断裂が起こってしまいます。

2つめの原因は、妊娠中はステロイドホルモンの影響で肌の弾力が極端に衰えている状態であることが挙げられます。

これらの2つの原因が重なって、妊娠線が出来やすい状態になります。

妊娠中にホルモンをコントロールすることは出来ませんし、赤ちゃんの成長による皮膚の伸びを止めることも出来ません。

そのため、妊娠線の予防には、以下の4つのことが有効になります。

①しっかりと保湿クリームでマッサージをする

②基礎代謝を上げる

③肌の保水力を高める

④急激な肥満を避ける

これらのことに気を付け、妊娠線を予防していきましょう。

妊娠線予防アイテムを選ぶポイントは?

良い妊娠線予防クリームには、肌をやわらかくのびやすく整える成分が配合されているのはもちろんですが、つわりや肌質の変化など妊婦さんの体調への配慮もされています。

また、クリームやオイルを使うことで、肌に負担なく妊娠線予防のマッサージを行うことが出来ます。

テクスチャ―もサラサラとしたローションタイプよりも、クリームやオイルなどのびの良いものを選ぶのがコツです。

それでは、妊娠線予防のクリームやオイルを選ぶときのポイントを解説していきましょう。

①どのような成分が配合されているか

天然のオーガニックオイルや最新の研究で開発された保湿成分など、妊娠線ができづらい肌作りをする成分がきちんと入っているかを確認しましょう。

また、製品によっては成分のパーセンテージの表記がされている場合もありますので、比較すると良いでしょう。

②香りの配慮はされているか
妊娠線ケアは妊娠初期から始めることを推奨しているメーカーが多いです。

妊娠初期はつわりに悩まされるママが多いので、香りがきついものは避けたほうがよいでしょう。

③テクスチャ―

妊娠線は、お腹をはじめ胸や太もも、お尻など広範囲にできる可能性があります。
ほぼ全身に使うものなので、のびのよいテクスチャーを選んだ方が断然使いやすいです。

④内容量と価格

妊娠線クリームはすべて「長期間使い続けること」を前提に作られています。

最低でも毎日朝晩のケアが必要とすると、続けやすいコスパであることも大切なポイントです。

4つのポイントのうち、もっとも重視すべきなのは妊娠線予防のための「成分」です。
いくら好きな香りで低コストであっても、妊娠線ができてしまっては無意味ですよね。

肌にやさしく、肌のうるおいや柔軟性を高める成分が入っているかどうか、しっかり見極めましょうね。

妊娠線予防アイテムのランキング、BEST5は?

それでは、妊娠線予防に効果のあるアイテムを5つ、ランキング形式で紹介します!

1位 プレマーム

引用:purema1576.maeda-keiji.com/

①価格

プレマームの通常価格は「6,800円」ですが、初回は75%引きの「1,800円」で購入することが出来ます。

しかも、初回は180日間の返金保証があり、万が一肌に合わなかった場合でも安心です。

定期購入の場合は、毎回20%引きで購入することが可能になります。

②成分

15種類以上の有効成分が配合されており、妊娠線予防に必要な成分は全て配合されています。

③内容量 120g

④テクスチャ―

肌をしっかりと保湿してくれますが、オイルのようなべたつきがないので、とても塗り心地の良いテクスチャ―です。

⑤香り「オレンジの香り」

プレマミーには自然由来の天然香料が使われています。

ほんのりとしたオレンジの香りが、心をほぐしてくれます。

2位 ベルタ マザークリーム

引用:ninshinsenranking.web.fc2.com/belta-mother-cream/

妊娠線予防アイテム第2位は、ベルタの「マザークリーム」です。

「BELTA(ベルタ)」といえば、葉酸サプリのイメージの方も多いのではないでしょうか。

妊娠線予防の「マザークリーム」も人気があります。

①価格

通常価格は「6,980円」ですが、初回は「500円」で気軽に試すことが可能です。

定期便の場合は、2回目以降も「4,980円」で購入することが可能です。

また、定期便には、「6回」の縛りがあります。

②成分

「シラノール誘導体」をはじめ、コエンザイムQ10など、妊娠線予防に必要な成分が含まれています。

葉酸サプリで有名なBELTAですが、マザークリームにも配合されています。

③内容量 120g

④テクスチャ―

サラッとした伸びの良いテクスチャ―で使いやすい保湿剤です。

⑤香り「柑橘系の香り」

肌に塗ると香りを感じないくらいのほんのりとした香りです。

3位 MONA MAMMY(モナマミ―)

引用:www.hugkumiplus.net

①価格

通常価格は「6,980円」ですが、初回は「1,980円」で購入することが出来ます。

定期便の場合、2回目以降は「3,980円」で購入が可能です。

90日間の返金保証があるのも特徴です。

②成分

「シラノール誘導体」を始め、「ココナッツオイル」「アルガンオイル」「シアバター」「オリーブオイル」といった4つの自然派オイルが肌を保湿してくれます。

③内容量 200g

容器がポンプ式なのが特徴です。

④テクスチャ―

少量でも伸びが良く、肌なじみの良いクリームです。

⑤香り「無香料」

4位 For fam(フォーファム)

引用:ameblo.jp/riko-higashio/

①価格

ボディローションとボディミルクのどちらも通常価格は1本「2,900円(300g)」です。

ボディローションとボディミルクをセットで買うと2本「5,220円」とお得に購入することが出来ますよ。

②成分

豊富なセラミド、オイル、コラーゲンやヒアルロン酸など、肌が喜ぶ成分がたっぷり入っているので、乾燥しがちな妊娠中の肌をしっかりと保湿してくれます。

③内容量 300g

大容量なので家族みんなで使えます。

また、二重構造で空気に触れにくい容器なので、中身を最後まで使い切ることができ、中身を真空状態に保つ構造になっているところが特徴です。

④テクスチャ―

「For fam」は、ボディローションとボディミルクの2種類の商品展開です。

ボディローションは、みずみずしくなめらかな使用感です。

ボディミルクは、ボディローションに比べてしっとりもちもちとした使用感です。

どちらも内容量も容器の形状は同じです。

⑤香り「無香料」

5位 オーガニックレーベルのママケアクリーム

引用:investa-trade.com

①価格

通常価格は「5,500円」ですが、定期便の場合は毎回10%引きで購入することが可能です。

また、3本パック「14,050円」、6本パック「26,500円」とまとめ買いをするとよりお得に購入することが可能になります。

②成分

「シラノール誘導体」誘導体を始め、肌本来の健やかな力を取り戻す「EGF・HGF」などが配合されています。

出来てしまった妊娠線にも対応できる成分が配合されているという特徴があります。

③内容量 120g

④テクスチャ―

伸びの良いやわらかめなテクスチャ―です。

少しゆるめのテクスチャ―なので、チューブを強く握ってしまうと出しすぎてしまう可能性があり、少し注意が必要です。

⑤香り「無香料」

おわりに

ここまで、オススメの妊娠線アイテム5選や妊娠線予防アイテムを選ぶ際のポイント、妊娠線が出来てしまう原因などについて解説してきました。

数ある妊娠線予防のアイテムの中からご自分に合うものを選び、妊娠線予防をしっかりと行っていきましょうね。