妊娠線予防に無印のオイルが使える!コスパ最強!

妊娠すると、気を付けなければいけないことはたくさんありますが、その中の一つが「妊娠線」です。

妊娠中にできた妊娠線は、出産後もなかなか消えることはありません。

妊娠線を作らないために大事なのは、肌の乾燥を防ぐために、ケアすることです。

そこで、今回は妊娠線予防のためにとても効果的な無印オイルについてご紹介しましょう。

 

引用:https://b-solve.com/

妊娠線とは

妊娠線とは、ストレッチマークや脂肪線と呼ばれる、いわゆる「肉割れ線」のことです。

妊娠すると、赤ちゃんがいるお腹はもちろんのこと、二の腕や太もも、お尻などに脂肪がつきやすくなります。

また、お腹の赤ちゃんが成長するに伴い、急激にお腹が大きくなります。

体が大きくなることで、皮膚内の真皮・皮下組織が伸びに耐え切れず、裂けてしまうのです。

人間の皮膚は、表皮・真皮・皮下組織という、3層構造になっています。

私たちが、手で触れる部分(肌と呼んでいる箇所)、これは表皮です。

表皮は弾力があるため伸びやすいため、体がどれだけ大きくなっても、体に合わせて表皮は伸びることができます。

一方、表皮の下に存在する、真皮や皮下組織は弾力がありません。

妊娠している女性の場合、赤ちゃんがいるお腹はもちろんのこと、二の腕や太もも、お尻などに脂肪がつきやすくなります。

体が大きくなるにつれて、皮膚が引っ張られていきますが、真皮や皮下組織はその引っ張りに耐え切れず、ひび割れが起き、妊娠線ができてしまいます。

このメカニズムは、男女の性別関係なく、生活習慣の乱れから急激に体重が増えた人や、筋力とレーニングなので、急激に筋力をつけた人に起こりえる現象でもあります。

妊娠線は、表皮の奥の真皮・皮下組織の損傷のため、一度できてしまった妊娠線は完全に消すことは難しいとされています。

引用:https://www.hairdoctor-women.com

妊娠線を作らないために

妊娠線ができる箇所の肌が乾燥していると、皮膚の内部の真皮や皮下組織が裂けてしまい、その結果、妊娠線ができてしまいます。

つまり妊娠線ができないようにするために一番大切なのは「保湿」なのです。

肌が乾燥していると、シミやシワができやすくなります。

それと同じです。

妊娠線は、肌の表面ではなく、皮膚内部の真皮や皮膚組織が断裂してできるものなので、肌の内部まで成分が届く、妊娠線専用のクリームやオイルを使用して、保湿した方が良いですね。

 

引用:https://www.muji.net

妊娠線予防に無印オイルがおすすめ

妊娠線を予防するためには、妊娠線専用のクリームやオイルを使用するのが良いのですが、正直、高いです。

皮膚の下にある真皮や皮下組織までに、水分を送り込むために、高価な成分が配合されているため、市販の保湿クリームよりも高価になります。

高い効果は得られるのですが、値段が高いため、もったいないと思い、少しずつ使用していると、当然、正しい効果を得られることはできません。

正しい使い方は、たっぷり使用すること。

でも、金額が・・・という方には、無印良品のオイルがとてもおすすめなのです!

無印オイルはお値段もお手頃な上に、植物から精製した無香料・無着色の天然オイルです。妊婦さんが使用するには、もってこいのオイルですね。

純度がとても高いため、肌に対する親和性も強いことで有名で、オイルアレルギーの人でも、安心して使用できるため、妊婦さんの間で、妊娠予防には無印オイルが大人気です。

 

引用:https://www.muji.net

無印オイルの種類

無印オイルには、6種類のオイルを取り扱っています。

・ホホバオイル

・オリーブオイル

・オリーブスクワランオイル

・スウィートアーモンドオイル

・ローズヒップオイル

・アルガンオイル

どのオイルが、妊娠線予防に適しているオイルなのでしょうか。

多くの妊婦さんで人気なのは、ホホバオイル、スウィートアーモンドオイルの2点です。

では、これらのオイルが、どう妊娠線予防に適しているオイルなのか、見ていきましょう。

ホホバオイル

6種類のオイルの中でも、万能に使えるのがホホバオイルです。

無香料・無着色・全成分が天然のホホバ種子から採取したオイルでもあります。

オイルなのに、べたつくことなく、さらっとした使用感が特徴で、6種類のオイルの中でも最も人気のあるオイルです。

妊娠線予防専用ではありませんが、予防のためにしっかりとした乾燥対策をすることが出来ますし、お値段もお財布にとても優しいものなので、気兼ねなくたっぷりと使用することができます。

100%天然オイルなので、出産後も赤ちゃんと一緒に使用することもできます。

スウィートアーモンドオイル

実は、妊娠線予防には、ホホバオイルより、スウィートアーモンドオイルのほうが、高い効果を得られます。

ホホバオイルは、200mlでも2500円程度と、とてもコスパ的に良いものですし、たっぷり使用できます。

使用後のベタつき感があまりなく、乾燥対策だけのためではなく、クレンジングとしても使用できたりと、万能オイルのため、妊婦さんに人気なのですが、実はスウィートアーモンドオイルは、妊娠線のメカニズムに適しているため、こちらのオイルを選ぶ妊婦さんも多くなってきています。

アーモンドオイルとは、アロマテラピーに使われるキャリアオイルとして最も頻繁に使用されています。

アーモンドにはビタミンEが多く含まれており、肌を柔らかくする効果があります。

また、保湿効果にとても優れており、乾燥肌をしっとりとさせてくれます。

保湿効果としては、ホホバオイルよりも高いとされているのです。

一番大きな理由として、スウィートアーモンドオイルは、皮膚の真皮にまで浸透すること。

肌の表面だけを保湿していても、しっかりとした妊娠線予防はできないことは、説明しました。

しかし、このスウィートアーモンドオイルは、表皮の内側にまで、しっかりと水分を届けてくれることができるため、妊娠線予防には、もってこいのオイルなのです。

引用:https://feature.cozre.jp

無印のオイルだけに頼ってはいけない

妊娠線専用のクリームやオイルを塗っていても、妊娠線ができてしまう人はいます。

妊娠線ができないようにするためには、保湿対策が一番なのですが、妊娠線ができてしまう理由はそれだけではないため、どういう理由で妊娠線ができてしまうのか、しっかりと把握しておきましょう。

急激な体重の変化

急激な体重の変化も、妊娠線ができる原因の1つです。

妊娠7ヵ月頃から、お腹の赤ちゃんはどんどん成長していき、当然お腹はどんどん大きくなります。

大きくなることで、皮膚内にあるコラーゲンとエラスチンという線維でできた真皮が、その変化に追いつけて行けず、切れてしまいます。

ホルモンの変化

ホルモンの変化も、妊娠線ができる要因とされています。

妊娠中はグルココルチコイドと呼ばれる、肌の弾力を失わせる働きのあるホルモンが分泌されます。

皮膚は通常、ターンオーバーという新陳代謝を通して、肌は生まれ変わります。

しかし、妊娠中は、このグルココルチコイドホルモンの活性化により、ターンオーバーが抑制されるだけでなく、コラーゲンの生成も抑えられてしまいます。

ターンオーバーが抑制されてしまうことによって、肌の弾力は次第に失われていき、弱くなってしまいます。

妊娠中はお腹だけではなく、妊婦の皮膚全体が弱くなり、肌トラブルを起こしやすい状態になっています。

まとめ

いかがでしたか?妊娠線予防として、無印のオイルがとても有効的に使用することができるということがわかりました。またサイズ展開もしているため、自分とのお肌の相性をしっかりとチェックするのに、お試しで購入しやすいですね。