妊娠線の予防クリームとオイル!その違いは?

妊娠線を作らないために、大切なのは「予防」です。

最近では、美容コスメショップやマタニティショップ、または通販などで気軽に、妊娠線予防のクリームやオイルを購入することができます。

オイルとクリームが販売されていますが、一体どちらが効果があるのでしょうか?

今回は妊娠線予防クリームとオイルの違いをご紹介します。

引用:https://www.babys-room.net/

妊娠線はいつから予防するのがいいのか

妊娠線予防対策は、いつから始めればよいのでしょうか。

多くの人は、お腹が大きくなり始めてから対策すればいいと思っている人が多いようですが、実はそうではありません。

それでは間に合わない可能性もあります。

妊娠線ができる原因の1つは「乾燥」です。

肌の乾燥を防ぐためには、保湿が重要です。

妊娠すると、ホルモンバランスの変化から、肌が敏感になることがあります。

そのため、妊娠線予防は妊娠初期から行うと良いでしょう。

 

しかし、妊娠初期はつわりなどで、香りが強いモノを受けつけなかったりすることがありますし、だるくて思うように身体が動かないこともありますから、必ずしも予防をしなくてはいけないことはありません。

 

また、妊娠中のママのお肌は、何かとトラブルが起きやすいものですから、自分に合った妊娠線予防クリームやオイルを見つけましょう。

出産してからは消えない妊娠線を作らないためにも、妊活中から乾燥対策のために、クリームを塗る習慣をつけておくとよいでしょう。

 

妊娠線予防クリームやオイルでケアしないとどうなるか

日ごろから、保湿に心がけている人は、習慣になっているので、大丈夫なのですが、そうでない人は、妊娠後、朝晩に、妊娠予防クリームやオイルでマッサージを行うのは、面倒くさいと思っている人が多いことでしょう。

必ずしも妊娠線クリームやオイルで予防しないといけないのでしょうか?

または、予防をしないと、ママのお腹はどうなるのでしょうか。

妊婦さん全員が出来るわけではありませんが、これはかなり高い確率です。

全くケアをしなかったり、いい加減なマッサージを行っていると、肌が更に乾燥して、次々に醜い妊娠線が現れてきます。

とはいえ、妊娠線予防をしっかりしていても、残念なことに妊娠線ができることもあります。

しかし、予防の仕方では、しっかりとケアができます。

多くの芸能人のママタレントでも、しっかりと予防し、出産後もきれいな身体を維持している方たちは大勢います。

では、数多くの妊娠線予防クリーム・オイルでどんなものがおすすめなのでしょうか。

またクリームとオイルはどう違うのでしょうか?

引用:http://tsurusubeohada.net/

妊娠線予防クリームとオイルの違い

妊娠線を予防するために使用するアイテムは、クリームとオイルがあります。

クリームとオイルの大きな違いは、油分と水分です。

一般的にはクリームは水分と油分のバランスが良いとされており、オイルは水分を含まず、油分のみです。

そして、クリームにもオイルのどちらにも、メリットデメリットがあります。

妊娠線予防クリームのメリットとデメリット

クリームは、主にマタニティコーナーや国内メーカーに多いアイテムです。

オイルのべたつきを気にする人には、とても人気があります。

メリット

水分と油分のバランスがよいため、肌になじみやすいため、使い心地が良いです。

テクスチャーは、メーカーによって若干変わりますが、広い範囲に使用する必要があるため、伸びが良いものが選ばれます。

デメリット

保湿力がオイルより劣ります。保湿効果をより求めるのであれば、オイルを使用したほうが良いでしょう。

妊娠線予防オイルのメリットとデメリット

海外製品のブランドでは、クリームよりオイルが好まれます。

伸びがとても良いですが、べたつきが気になる方は、クリームを使用すると良いでしょう。

メリット

油分が多いため、高い保湿力があります。

また伸びがよいため、少量でも広範囲に使用することができます。

デメリット

においや肌ざわりが独特のものがあるため、使い心地が苦手だと思う人もいます。

保湿対策

妊娠線を予防するためには、「保湿」が何よりも大切なのですが、ただクリームやオイルを塗っているからと言って、保湿されているとは限りません。

つまり乾燥対策のためには「肌に潤いを与えて保湿することが大切」なのです。

肌に、水分がない状態ではいくら保湿をしても潤いを保つことはできません。

肌にしっかりと潤いを与え、その潤いを逃がさないことが、乾燥から起こる妊娠線予防には大切なのです。

クリームとオイルでは、どちらにもメリットデメリットがありますが、どちらが良いのでしょうか

クリームとオイルの併用がおすすめ

肌に潤いを与え、保湿効果を高めるためには、クリームとオイルの併用使いをおすすめします。

クリームとオイルを重ねて塗ることで、より高い保湿効果を得られるでしょう。

 

まず水分の多いクリームを塗った後で、オイルを塗って保湿をします。

基礎化粧品を使用する際、水分の多い化粧水をつけてから、オイルでフタをして保湿すると良いと、聞いたことはありませんか?それと同じ原理です。

または、お風呂上りにはオイルとクリームを使用し、朝はクリームのみ使用するというのも良いでしょう。

引用:https://xn--jvsons82g.jp/

まとめ

いかがでしたか。妊娠線を作らないためには、毎日の保湿ケアが大切です。

つまり、乾燥をさせないことが大切なのです。

妊娠線ができやすい箇所に塗らなければいけないクリームやオイルですから、かなり大量に消費することになります。

どちらにも、メリット・デメリットがありますから、自分に合ったアイテムを選び、毎日楽しくケアできると良いでしょう。