妊娠線を消すのにおすすめのクリーム!

さまざまな妊娠線クリームが販売されていますが、その中から妊娠線を消すためにおすすめのクリームはあるのでしょうか。

実は、あるんです!妊娠線を消すためによいとされている成分がしっかりと配合され、お肌に優しいクリームです。

妊娠線クリームは、どれも同じじゃないの?と思っている方、必見です!

 

妊娠線とは

妊娠線とは、妊娠した女性のお腹や胸などにできる線のことをさします。

別名ストレッチマークや肉割れ線とも呼ばれ、脂肪のつきやすいところであれば、どこにでもできる可能性があります…。

人間の皮膚は、表皮・真皮・皮下組織という3層構造になっているのですが、肌の表面である表皮は弾力があるため伸びやすいのが特徴です。

ですので、太ったり、妊娠したりで身体がどれだけ大きくなっても、その大きさに対応することができます。

一方、表皮の下にある真皮や皮下組織は弾力がありません。

ですので、急激に体重が増えることで、皮下脂肪がついてしまった箇所の、真皮や皮下組織が裂けてしまいことで、内出血を起こしてしまいます。

表皮は、とても薄いため、この真皮や皮下組織が裂けて内出血を起こしたものが、赤紫色の線となって見えます。

これが、妊娠線の正体です。

赤紫色の妊娠線は、できたばかりであれば、治療により薄くすることもできますが、そのうち銀白色になり、皮膚の表面も触るとボコボコと跡がの折るようになってしまいます。

ある病院のデータでは、妊娠した女性の2人に1人は妊娠線ができるといわれています。

妊婦さんにとっては、裂けられない妊娠トラブルの一つでもあるといえます。

 

引用:https://ninpu-book.net/archives/223

妊娠線ができる原因

妊娠線ができる原因は主に2つあります。

原因①急激な体型変化

妊娠すると、赤ちゃんを守るために、妊娠脂肪というものがつき、胸、二の腕、太もも、お尻などに脂肪がつきます。

また赤ちゃんの成長に伴い、お腹もどんどん大きくなります。

皮膚の急な成長に、皮膚が耐え切れず、皮膚の奥になる真皮のコラーゲン繊維が裂けてしまうため、妊娠線ができてしまいます。

 

原因②肌の弾力が弱くなる

妊娠中は、副腎皮質ホルモンである「コルチコ・ステロイド」の分泌が増加します。

このコルチコ・ステロイドは、肌に弾力をもたらす線維を作る細胞をの増殖を抑えてしまうため、その結果、皮膚が薄く固くなってしまったり、新陳代謝(ターンオーバー)が正常に行われなくなってしまいます。

本来28日周期で生まれ変わるはずの肌が、いつまでも古く乾燥した状態のままだと、妊娠線ができやすくなってしまうのです。

 

妊娠線は消すことができるのか

そもそも、一度できてしまった妊娠線は、消すことができるのでしょうか?

答えは、NOです。

しかし、適切な処置をすることにより、完璧に消すことはできなくても、目立たなくすることはできます。

現代の医学では、妊娠線を消すことはできません。

妊娠線専用クリームなどで、「妊娠線が消える」とうたっているのは、あくまでも、

妊娠線が限りなく目立たなくすることができるということなのです。

 

妊娠線を消すために必要な成分

妊娠線予防クリームの種類は国内製のモノから海外製のモノもあり、また市販から通販のものまで数多くあります。

妊娠線専用のモノでなく、保湿を重点おいているクリームを使用する人もいれば、肌の傷を治すオイルなどを使用する人も少なくはありませんが、やはり妊娠線をしっかりと消したいのであれば、成分にこだわりたいものです。

妊娠線を消すために良いとされる成分で特に注目痛いのは、レジストリルとシラノール誘導体です。

 

レジストリル

肌の色やくぼみの改善に必要なコラーゲンを促進し、肌を引き締めてくれる効果があります。さらに、肌を滑らかにするため、銀白色になってしまった妊娠線に効果があるとされています。

 

シラノール誘導体

美容効果が非常に高い成分です。

シラノール誘導体とは、「ケイ素」という成分でできており、このケイ素は体に必要不可欠なミネラルの一つで、とても大切な栄養素です。

そしてこの成分は、人間の骨・血液などの体の器官のほとんどの含まれています。

 

このシラノール誘導体は、皮膚構造の修復とコラーゲンの再構築、シワ対策、またはコラーゲンの形状や結びつきを深めて、肌のハリや弾力をアップさせることができるため、断裂してしまった真皮や皮下組織などを、修復してくれるのです。

 

妊娠線専用のクリームは通販がおすすめ

マタニティコーナーには、さまざまな専用クリームが用意されており、香りやテクスチャーなどを試せることができます。

しかし、パッチングテストして問題がなくても、そのクリームが必ずしも、あなたに合うとは限りません。

使用しているうちに、肌トラブルを起こしてしまったりすることもあります。

結局、返品もできないため、使い切る前に、捨ててしまったという話をよく聞きます。

 

そこでおすすめなのが、通販です。

通販のみで販売している、妊娠線専用クリームは、返金保証制度を設けていることが多いです。

通販のため、購入前にサンプルとして使用することはできませんが、一度購入して、肌に合わなければ、一定の期間に返品することが可能であるため、安心して購入することができます。

 

引用:http://purema-mu.kenko.biyou.tv/kutikomi.html

おすすめの妊娠線クリーム

そこで、おすすめしたいのが、「プレマーム」です。

レジストリル、シラノール誘導体が配合されており、妊娠線対策専用のクリームです。

プレマームに配合されているレジストリルは高濃度タイプである他、4種の美白成分、4種のエイジングケア成分も配合されています。

妊娠線ができてしまった箇所は、肌が衰えてしまい、たるんでいる状態になっていることが多く、エイジングケアできる成分が配合されているのは、とても嬉しいことです。

 

このプレマームは、日本国内製造である上に、厳重な品質管理を行っているため、安心して使用できるクリームとしても有名です。

また、180日間の返金保証もあります。

180日間利用して、効果が実感できなかったり、肌に合わないと感じたら返品することができるのです。

この180日間の保障制度は、妊娠線専用クリームの中でも最長です。

低刺激・無添加なため、産後も安心して使用できますし、妊娠線予防のために、妊娠中から使用している人も多いです。

引用:https://tamagoo.jp/pregnant/pregnancy-21weeks-baby-and-mam/

マッサージも効果的

妊娠線に効果的な成分が配合されているクリームを塗るのであれば、マッサージをしながら塗ると更に効果的です。

お風呂上りなどに使用すると、なお良いでしょう。

このプレマームのクリームのテクスチャーは、べたつくことなく、伸びが良いことから、マッサージするのに最適なクリームでもあります。

ただ、肌の表面に塗るだけではなく、マッサージをすることによって、血行が促進され、クリームが、肌の奥へと浸透していきます。

大切なのは、肌の表面だけを保湿するのではなく、肌の奥の真皮や皮下組織に水分を行き届かせるイメージをして、マッサージをすると良いでしょう。

 

引用:http://life-navi.link/?p=152

まとめ

いかがでしたか?妊娠線を消すために効果的なプレマームは、消費者にとても優しいということがわかりました。アフターケアなどもしっかりしているため、安心して使用することができます。

また、できてしまった妊娠線だけでなく、予防を兼ねて使用することもできるため、妊娠中から使用している人が多いです。

使い心地も、べたつかず、伸びも良いので、おすすめです。

ぜひ、使ってみてみてください!