妊娠線予防クリーム 芸能人は何使ってるの?

妊娠を経験した約80%の人に妊娠線はできると言われています。

予防をしっかりしていても、妊娠線ができてしまうこともあります。

しかし、出産してママになってもきれいな芸能人を見ると、どんなケアをしていたのだろうと気になりますよね。

そこで、今回は芸能人が使用していた妊娠線クリームをご紹介しましょう。

引用:https://tamagoo.jp/

妊娠線とは

妊娠線は、妊娠した人ならだれでもできる可能性があります。

予防をしっかりしていても、残念なことに妊娠線ができてしまうこともありますが、

妊娠中、しっかりと保湿をしていた人は、妊娠線ができない人が多いとききます。

芸能人はTVに出ることがお仕事なので、より気を付けていることでしょう。

多くのママタレントたちが使用した妊娠線予防クリームやオイルはとても気になりますね。

どんなものを使っているのでしょうか。

 

妊娠線は、お腹だけにできるとはおもっていませんか?

実は違います。

妊娠すると、妊娠前に比べ脂肪が増えるため、お尻や胸なども大きくなります。

またつわりがなくなった後は、食欲旺盛になり、急激に太る人もいます。

太るということは、皮膚の表面も一緒に伸びるということです。

その皮膚の伸びる速さに追いつかなくなると、皮膚の内側で断裂が起こってしまうのです。

つまり、妊娠したことで脂肪が増え、そのため二の腕、お尻、胸などにも、妊娠線ができる可能性があるのです。

表皮はとても薄いため、裂けめ(亀裂)が見えてしまいます。

表皮ではなく、真皮・皮下組織に亀裂が入るので、出産後もなくなることはありません。

 

妊娠線ができなかった芸能人のママタレント

最近、芸能人のママタレントでTVに出演している方は、たくさんいます。

出産しても、妊娠線のないきれいな身体を維持している代表例としては、梨花・優木まおみ・木下優樹菜・山田優さんなどです。

どなたも、しっかりと妊娠線予防をして、妊娠線ができなかった人たちです。

どんな妊娠線クリームやオイルを使用していたのか、とても気になるところです。

現在妊娠中の人も、これから妊娠する人も、ぜひ参考にしたいことでしょう。

 

妊娠線専用のクリームやオイルは、美容雑貨店や通販などで気軽に購入することが出来ます。

値段も、コスパのよいモノから、高級なモノもあります。ぜひ自分に合った、クリームやオイルを使用してみてください。

引用:http://news.livedoor.com/

梨花さん

38歳で長男を出産しました。妊娠中は、大きなお腹を堂々と出して雑誌にも出ていました。出産後も、雑誌などで、ママとは思えないほどの、抜群のスタイルを維持しています。

梨花さんは、妊娠線予防には、主にオイルを使用していました。

・WELEDA マタニティストレッチマークオイル

・WELEDA マザーズボディオイル

 

特に、WELEDA マタニティストレッチマークオイルは、ヨーロッパで医師と助産師さんが共同開発をした、ママとベビーのためのオーガニック商品です。

 

彼女は、SNS内で、「ベビーリズムオイリング」という、WELEDA独自の妊娠線予防ケア方法を紹介していました。

引用:http://www.ikushimakikaku.co.jp/

優木まおみさん

妊娠後、急激に太ってしまい、出産後は、ぶよぶよになった自分のお腹を見て、愕然としたと好評しています。モデルとして、ぶよぶよに垂れたお腹を、自分のお腹だと信じたくなかったと言います。

 

出産後は、健康的に-12kgのダイエットに成功したことも有名な話です。

妊娠中は、何かと気分が落ち込んだり、不安になったこともありました。

また、妊娠線以外にも、バストや脇の下などが黒ずみ始め、これも悩んでいたとのこと。

 

それでも、妊娠線予防はしっかりとおこない、SNS内で妊娠9ヵ月でも、全く妊娠線が出ていないと公表しています。

 

そんな優木まおみさんが使用した妊娠線予防オイルは

・クラランス トニックオイル

です。

ローズオイルやハッカエッセンシャルオイルが配合されているため、香りも楽しめるオイルです。

高級コスメブランドである、クラランスのオイルのため、お値段はお高めです。

引用:https://woman.infoseek.co.jp/

木下優樹菜さん

お笑いタレントのフジモンこと、藤本敏文さんの奥さんであり、おしどり夫婦としても有名ですよね。TVに出はじめの頃は、ヤンキー上がりの女性というイメージでしたが、今では立派な2児のママです。

もちろん、TVや雑誌、モデルとしても活躍されています。

 

そんな彼女が使用していた妊娠線予防オイルは

・WELEDA マザーズボディオイル

・クラランス トニックオイル

・クラランス ストレッチマークオイル

 

クリームと併用して、オイルを使用していました。

引用:https://talent.thetv.jp/

山田優さん

モデルで活躍していた山田優さんは、出産後約2ヶ月でスピード復帰をしました。

出産したとは思えないスタイルで、雑誌の表紙を飾りました。

もともと細かったのに、体重は妊娠する前よりも少ないと話していました。

専門的なトレーナを付けてストイックにケアした結果、体重を落とすことが出来たのでしょう。

 

そんな山田優さんが使用していたオイルは

・小林製薬 バイオイル

 

バイオイルは、南アフリカのユニオン・スイス社が製造元になっている、いわゆる輸入コスメで、世界中の女性たちに愛されている、保湿ケア化粧品です。

日本では、大阪に本社をおく、小林製薬会社がユニオン・スイス社と独占販売契約を結び、全国のドラッグストアや薬局、コスメショップなどで販売しています。

 

少量でも伸びが良く、べたつくことがないため、とても使用しやすいオイルです。

また、バイオイルには、「完治したキズあと、にきびあと、妊娠線を保湿効果により、柔軟にして、きれいに見せる」という効果があります。

保湿力も抜群ですし、美容コスメとしても有名なオイルです。

 

妊娠線予防にクリームとオイルを使い分けて使う

妊娠線を予防するためには、オイルとクリームがありますが、どちらが良いのでしょうか。

クリームとオイルの大きな違いは、油分と水分の分量の違いです。

一般的にはクリームは水分と油分のバランスが良いとされており、オイルは油分が多いです。

そして、どちらにもメリットデメリットはあります。

 

妊娠線予防のケアには、クリームとオイルを併用して使用することをおすすめします。

引用:https://aniajapan.com/

ブランドより使用する量

芸能人だからと言って、高級なモノばかり使用しているわけではありません。

たっぷりと塗れるコスパの良いブランドも人気です。妊娠線を作らないために必要なのは、「肌の保湿をしっかりすること」です。

高級ブランドや有名ブランドのオイルやクリームを使用しているからと言って、絶対に妊娠線が出来ないというわけではないのです。

大切なのは、使用する量なのです。

高いからと言って、少しずつ使っていては、効果が得られるものも得られなくなります。

引用:https://lourand.com/

まとめ

いかがでしたか?ママタレントは、妊娠中、さまざまな化粧品を試したりしています。

複数購入することで、コストはかかりますが、確実な効果を得たいということでしょう。

妊娠線予防は、お腹が大きくなる4ヶ月頃から使用するため、長い間ケアをしなければいけませんから、コスト的にも、自分お財布に負担にならないような、オイルやクリームを購入するようにしましょう。