妊娠線予防クリーム 安くてオススメなのは?

妊娠線を予防するためには保湿が何より重要です。そこでおすすめなのが、ドラッグストアなどで市販されている「ニベア」です。

肌を保湿するためにとても効果的なニベアクリームは、妊娠線予防クリームとして適しているのでしょうか?

そこで今回は、妊娠線予防としてニベアクリームを使用するのはありなのか、ご説明します。

引用:https://cocomammy.com/

妊娠線とは

妊娠線とは、ストレッチマークや肉割れ線とも呼ばれ、男女の性別関係なく、脂肪のつきやすいところであれば、どこにでもできる線です。

大きな原因の1つとして、急激な体型の変化があります。

妊娠すると、お腹の赤ちゃんの成長に伴い、お腹がどんどん大きくなり、皮膚が引っ張られてしまいます。

皮膚の奥にある、真皮・皮下組織が、皮膚の伸びに耐え切れず、断裂を起こしてしまいます。

これが、妊娠線の正体です。

人間の皮膚は、表皮・真皮・皮下組織という3層構造になっています。

表皮は弾力があるため伸びやすいのですが、真皮や皮下組織は弾力がありません。

急激に体重が増えることで、皮下脂肪がついてしまった箇所の、真皮や皮下組織が裂けてしまい、内出血を起こしてしまいます。

表皮は、弾力がある反面、とても薄いため、この真皮や皮下組織の裂けめが、表皮を通し見えてしまうため、赤紫色の妊娠線が現れてしまうのです。

赤紫色の妊娠線は、時間が経つと、銀白色になり、皮膚の表面も触るとボコボコと跡が残ります。

表皮ではなく、真皮・皮下組織に亀裂が入るため、一度できてしまうと、なかなか消すことはできないとされているのは、皮膚の奥にある真皮・皮下組織の損傷であるため、いくら表皮をケアしても、妊娠線は完全に消すことはできないとされているのです。

妊娠線予防にはニベアは効果的か

ニベアクリームは、保湿力はとてもありますし、コスパ的にも、とても魅力のあるクリームです。

引用:https://haritsuya-labo.j

では、このニベアクリーム本当に、妊娠線予防に対して効果があるのでしょうか。

妊娠線ができる大きな原因の1つに「乾燥」があります。

それは、前述したように、妊娠したことによるホルモンバランスの変化が大きな理由です。

乾燥を防ぐために、しっかりとした保湿ができていれば、ニベアクリームは妊娠線予防にはとても良いものだということになりますが、残念なことにそんな単純な話しではありません。

妊娠線ができるのは、肌の表面である表皮ではなく、肌の奥の真皮・皮下組織で起こる現象のため、妊娠線を予防するのであれば、その真皮・皮下組織までしっかりと水分を運んであげなければいけないのですが、ニベアは肌の表面はしっかり保湿してくれるのですが、肌の内側部分、つまり3層に分かれている皮膚の真皮や皮下組織まで水分が行き届く効果はありません。

前述したように、妊娠線は肌の表面の傷ではなく、肌の内側の真皮と皮下組織の損傷のため、肌の表面だけ保湿をしていても、妊娠線予防の効果は少ないのです。

クリームで妊娠線予防をしっかりとしたいのであれば、やはり専用のクリームやオイルを使用することをおすすめします。

ただ、ニベアクリームをたっぷり使用することで、肌の保湿がしっかりできて、妊娠線予防につながる場合があります。

妊娠線は、高い確率できるものではありますが、全ての妊婦さんにできるものではなく、また妊娠線専用のクリームを使用し、ケアしていても妊娠線ができてしまう人もいます。

妊娠線ができる基準が、人それぞれ違うのです。

とはいえ、実際、ニベアクリームのCMにも、お腹の大きな妊婦さんが、ニベアクリームを塗っている場面があります。

販売元の花王も、HPでは妊娠線予防に効果的とは謳ってはいませんが、妊娠線予防にニベアクリームを使用することをすすめているのでしょう。

 

引用:www.shitagiya-japan-made.jp/

ニベアの成分

ニベアには、ホホバオイル、グリセリン、ミネラルオイルと、肌の保湿にはとても良いものが数多く含まれています。

ホホバオイルは、ターンオーバーを促してくれるビタミンB群が豊富に含まれています。

妊娠線予防にも、できてしまった妊娠線にも、肌の代謝を促すことで効果があるとされています。

またグリセリンは、妊娠中の敏感な肌を守ってくれ、ミネラルオイルは保湿力が高いため、肌の乾燥防止が期待できます。

これらの成分を見ると、ニベアクリームは、肌を保湿するためには、とても効果的なクリームであることが分かります。

あくまでも肌を「保湿するために効果的なクリーム」ということを、覚えておきましょう。

ニベアクリームの効果的な使い方

妊娠線予防にはクリームとオイルがあります。

ニベアは、直接、妊娠線ができる肌の内側部分に水分が行き届くことはありませが、たっぷりと使用することで、高い保湿力を保つことができるのは事実です。

しかし、やはり効果的にニベアクリームを使用したいのであれば、妊娠線専用のオイルとの併用をおすすめします。

確かに、妊娠線専用のオイルは、費用は高くなりますが、妊娠線予防にはとても効果的です。

妊娠線予防をしっかりしていたのに、妊娠線ができてしまったという人の多くは、せっかくのオイルを適量使っていなかったことが原因でもあるでしょう。

ニベアクリームにオイルを足して、肌にしっかりと塗りこんで行きましょう。

単品でニベアクリームを使用するより、高い効果が得られるはずです。

 

妊娠線予防には専用商品かニベアか

専用商品は、肌の内側部分まで水分が行き届かないニベアクリームと違い、肌の保湿をするだけではなく、肌の伸びをよくする成分も配合されているため、潤いがあり伸びの良い皮膚が作られやすいとされています。

それは、皮膚の表面だけではなく、真皮・皮下組織にもしっかりと水分が行き届くからです。

肌の表面だけではなく、肌の奥にまで水分が行き届く成分が配合されているため、妊娠線予防には、やはり専用商品のほうが、高い効果があると言えます。

専用商品は、マタニティコーナーや通販で定期購入をすることができますが、1ヶ月くらいで約3,000円ほどします。

ちょっと高いですよね。

その点、ニベアクリームは、大きな青缶でもドラッグストアでも税込みで500円程度です。

コスパがとても良いため、思いっきり使用することが出来るのが、一番の魅力です。

妊娠線は、お腹だけにできるわけではなく、二の腕・胸・お尻・太ももなどの箇所にも、妊娠線が現れることもあるため、やはり脂肪がつきやすい箇所には、しっかりと塗りたいものです。

妊娠線予防は、妊娠中の期間そして脂肪がつきやすい箇所にクリームを塗る必要があるため、かなりの容量が必要となります。

どちらを選ぶかは自分次第

妊娠線専用の予防クリームを塗っているからと言って、必ずしも妊娠線ができないわけではありません。

絶対にできないという保証は、どのメーカでもしていません。

妊娠線専用のクリームを使用していても、妊娠線ができてしまった人の理由としては、使用する量が適量でなかったり、体重が急激に増えたりなどです。

妊娠線ができる原因は、人それぞれ違いますし、肌の質によっても違うのです。

ただ、妊娠線専用の商品を使うことにより、肌がしっかりと保湿され、妊娠線ができにくく、一方、ニベアはコスパが良いため、肌を保湿するという目的で使用するのであれば問題ないでしょう。

引用:https://kiraribeaute-reviewmatome.com

まとめ

いかがでしたか?妊娠線はできてほしくないものですから、しっかりと予防をしたいです。

とはいえ、たくさん使用しなければいけないので、コストも気になるところです。

しかし、ニベアはコストパフォーマンスがとても良いため、気兼ねなく使用できるところが魅力ですね。