肉割れや妊娠線に悩む人は多くいます。

現に、インターネットや雑誌などでは「肉割れを治す」または「肉割れを消す」ための方法や製品の情報が数多く紹介されています。

しかし、情報がありすぎて余計に困ってしまっている人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は肉割れが治った人が実際にやった方法や使用した製品などを解説していきましょう。

肉割れが治った人が実際にやった方法はこれ!

世の中には、肉割れを治す方法が大きくわけて2つあります。

①美容整形外科での治療

肉割れの箇所や範囲、クリニックによっても料金は変動しますが、肉割れを完全に消そうとした場合、最低でも数十万円はかかってしまいます。

また、肉割れを治すための治療には、健康保険が使えません。

そのため、「自由診療」となり、コストがあがるのはやむを得ないといえるでしょう。

②マタニティクリームを使う

 

マタニティークリームは、妊婦さんのお腹が大きくなることによって発生する肉割れ(妊娠線)を予防・治療をするためのクリームです。

なかなか数十万円の費用を肉割れ改善のためだけに払うのは難しいので、今回はマタニティークリームの使用を選択しましょう。

正直なところ、マタニティクリームには即効性がありません。

個人差はありますが、3カ月ほど使い続けたところで少し肉割れが薄くなったような効果を感じる方が多くいます。

肉割れを治すには、ダイエットと同じで根気よく継続していくことが非常に大切になります。

痩せる前からでも肉割れ対策にマタニティークリームは使うべき!

多くの人は、ダイエットを行い、痩せてからマタニティークリームを使って肉割れによる肌の凹凸をケアします。

しかし、痩せる前からでもマタニティクリームを使うべきです。

肉割れは、出来たばかりの頃は表皮から毛細血管が透けて赤紫色に見えます。

時間が経つにつれて、だんだんと白っぽく変化していきますが、赤紫の状態のときからマタニティクリームを使うことで真皮を回復させて、痩せたときに肉割れによる肌の凹凸を軽減させることができます。

ダイエットとは、痩せて体重を落とすことだけではありません。

ダイエットによる「皮膚のたるみ」など、こういった痩せた後の事も同時進行でダイエットを進めていかなくてはいけないのです。

特に、肉割れを起こしている部分は皮膚がたるみやすいので、肉割れに悩んでいる人はダイエットの開始と同時にマタニティークリーム使い始め、継続していくことが非常に大切です。

せっかく痩せたのに皮は伸びきって、しかも肉割れ痕だらけでは、痩せたって絶対嬉しくありませんよね?

肉割れに効果あり!プレマームがオススメ!!

引用:purema-mu.noble-beauty.net

「プレマーム」は、肉割れや妊娠線専用のケアクリームです。

プレマームには、美容成分が97.8%配合されています。

「ヒアルロン酸」「コラーゲン」で肌をやわらかくし、「葉酸」「ルチン」が肌にハリを与えれてきめ細やかなお肌に整えてくれます。

また、プレマームには、すでにできてしまった肉割れのケアに重要な「ターンオーバーの正常化」をサポートする成分が数種類配合されています。

肉割れは、肌に亀裂が入ってしまっている状態です。

つまり、ダメージを受けた肌からつるつるでなめらかな肌を目指すには、コラーゲンの生成を促進して必要なターンオーバーの正常化し、新しいきれいな肌をつくることが必要になってきます。

プレマームには、ターンオーバーをサポートする成分である「プラセンタ」「ビタミンC誘導体」「コエンザイムQ10」「オリゴペプチド(たんぱく質)」が配合されています。

通常、肌は周期的(約28日周期)に生まれ変わっています。

この肌の生まれ変わりを「ターンオーバー」と呼びます。

プレマームは、ターンオーバーをサポートする成分を配合しているため、規則正しい肌の生まれ変わりを助けて新しいすべすべの肌へと導いてくれるのです。

プレマームがオススメの理由は、独自の「スリースポット方式ケア」

プレマームには、徹底的にこだわった「スリースポット方式ケア」というものがあります。

これは、「①基礎」「②浸透」「③薄膜」という3段階で肉割れを起こしてしまった肌をケアするという発想です。

引用:www.byalawa.com

①基礎(ベースメイクケア)

基礎の段階では、「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」などたっぷりと配合された保湿成分が肌に潤いを与え、肌の柔軟性を保ってくれます。

これにより、急激な変化に負けない肌作ることが可能になります。

②浸透(ディープブースターシステム)

浸透の段階では、「葉酸」や「ルチン」など成分が肌にハリを与えてなめらかにしてくれます。

美容面では、「プラセンタ」がキメの整った肌を作ってくれますよ。

③薄膜(モイスチャーシールドテクノロジー)

薄膜の段階では、「ホホバ種子油」や「セラミド」が肌に必要な水分と油分を補いながら保ち、肌に薄いベールをかけたように肌を保護してくれます。

プレマームは、肌の引き締め成分も豊富に配合!

肉割れをケアするための専用クリームを選ぶ際は、保湿力も重要ですが、肌の引き締め成分がしっかりと配合されているのかも非常に重要なポイントです。

プレマームに配合されている「シラノール誘導体」は、傷ついたコラーゲンの修復をサポートする働きがあり、すでに出来てしまった肉割れのケアに必要な成分です。

肌の引き締め成分である「ライマメ種子エキス」や「葉酸」、エイジングケア成分の「フラーレン」もプレマームには配合されています。

プレマームは、たるみ知らずなハリのあるお肌へと整えてくれるので、オススメのマタニティークリームです。

肉割れが出来るメカニズムを知ろう

肉割れは、別名「妊娠線」と呼ばれますが、妊娠をしていなくても太っている場合は男女問わず肉割れは起こってしまいます。

例えば、太ってお腹が出てくると、表面の皮膚(表皮)が引っ張られて表皮の下にある「真皮」という部分に亀裂が入ってしまいます。

表皮の下にある真皮に亀裂が入る事によって、体の表面には肉割れが現れてしまいます。

肌の表面(表皮)に線のように現れるので、体の表面に原因があるかのように感じますが、実際は体の中に肉割れの原因があるということになります。

さらに、太っている人のお腹は、よく揺れます。

太っている人のお腹は、お腹に皮下脂肪という重りを入れているのと同じ状態です。

重りをつけて揺らせば揺らすほど、皮はたるんでいきます。

そして、揺れる事によってこの真皮の亀裂がさらにひどくなってしまうということになります。

肉割れにも種類がある?

引用:www.dclog.jp

実は、肉割れには、大きく分けて「①赤(赤紫)」「②白」「③茶色」の3段階があります。

自分の身体に出来てしまった肉割れを観察して、まだ範囲が狭くて赤っぽい肉割れであれば、まだ治る可能性は白や茶色の肉割れと比較して高いといえます。

赤い状態(赤紫)の肉割れは、内部の毛細血管に色が見えているため、まだ肉割れが出来てから日が浅いのです。

一方、白や茶色い肉割れは皮膚の深い部分まで繊維が避けてしまっている状態です。

肉割れの線は白や茶色く見える場合には、肉割れを消すまでには時間がかかるということを知り、根気強く長期的なケアが必要です。

おわりに

今回は、肉割れが治った人が実際にやった方法や選んだマタニティークリームについて解説してきました。

何度も繰り返しお伝えしましたが、マタニティークリームでの肉割れのケアは、美容整形と比較すると安価な一方で根気が必要になります。

長期的なスパンで諦めずに肉割れのケアをしていきましょう!